きついもの

精選版 日本国語大辞典の解説

きつい もの

① ある行為やことば、状況などに対して、それが普通でないことを感嘆の気持を込めていう。たいしたもの。近世の町人の間でいう。みごとだ。立派だ。また、そのとおりであるとほめていう。みごとなもの。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「ざいもく、大く、諸しき、諸入め、見ごとに我ら仕る。きつい物かきつい物か」
② 遊里などで、ひさしぶりに来訪した客にむかっていうことば。おみかぎり。
洒落本・南閨雑話(1773)鋪の体「幸様きつい物(モン)でござりますの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きついものの関連情報