きつう(読み)キツウ

デジタル大辞泉の解説

きつう

[副]《形容詞「きつし」の連用形「きつく」のウ音便から》
たいへん。ひどく。
「番頭どの―精が出ます」〈松翁道話・二〉
(あとに打消しの語を伴って)どうしても。絶対に。
「間に合はせねば―かなはぬ大事の用」〈浄・重井筒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつう

( 副 )
〔形容詞「きつい」の連用形「きつく」のウ音便から〕
たいへん。ひどく。 「はれ-酔うて居る/狂言記・茶壺」
(あとに打ち消しの表現を伴って)絶対に。断じて。 「ならぬというては-ならぬ/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きつう

〘副〙 (形容詞「きつい」の連用形から)
① 大変に。ひどく。はなはだしく。
※狂言記・茶壺(1660)「はれ、きつうようてをる」
② (あとに打消を伴って) どうにも。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)中「こんやのぼして明日(あす)のまにあはせねば、きつふかなはぬ大じの用」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android