きつう(読み)キツウ

デジタル大辞泉の解説

きつう

[副]《形容詞「きつし」の連用形「きつく」のウ音便から》
たいへん。ひどく。
「番頭どの―精が出ます」〈松翁道話・二〉
(あとに打消しの語を伴って)どうしても。絶対に。
「間に合はせねば―かなはぬ大事の用」〈浄・重井筒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつう

( 副 )
〔形容詞「きつい」の連用形「きつく」のウ音便から〕
たいへん。ひどく。 「はれ-酔うて居る/狂言記・茶壺」
(あとに打ち消しの表現を伴って)絶対に。断じて。 「ならぬというては-ならぬ/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きつうの関連情報