きょうふく

精選版 日本国語大辞典「きょうふく」の解説

きょう‐ふく ケウ‥腹】

〘名〙 (「」は空(から)の意) 中がからっぽなこと。また、はらのへること。すきはら。空腹。
※童子問(1707)上「然不飲食、不衣服腹裸体而居、不五日十日、而必隕躯命」 〔范成大‐除夜感懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android