きらきら星変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

きらきら星変奏曲

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトピアノのための変奏曲K265(1781~82頃)の日本における通称原題《12 Variationen über ein französisches Lied “Ah, vous dirai-je, maman”》。正式名称は『フランス歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」』。18世紀末にフランスで流行したシャンソン主題に基づく。日本ではのちに英語版の替えに基づく歌詞のついた童謡『きらきら星』として広まったため、こう呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

きらきらぼしへんそうきょく【きらきら星変奏曲】

モーツァルトのピアノのための変奏曲の通称。ハ長調。1781年から1782年頃に作曲。主題と12の変奏からなる。正式名称は「フランスの歌曲『ああ、お母さん、聞いて』」。18世紀末のフランスで流行したの歌に基づく。のちに日本の童謡「きらきら星」として広まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きらきら星変奏曲の関連情報