コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くにのあゆみ くにのあゆみ

大辞林 第三版の解説

くにのあゆみ

第二次大戦後はじめて文部省から出された国民学校用の国定歴史教科書。天皇中心の軍国主義的な記述から、科学的・民主的な記述への転換がはかられた。上下二冊。1946年(昭和21)出版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くにのあゆみの関連キーワード杉原 荘介家永 三郎文部省転換出版軍国記述

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android