コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くらげ雲 くらげぐも

1件 の用語解説(くらげ雲の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

くらげ雲【くらげぐも】

クラゲの形をした雲。笠雲(かさぐも)に似るが,山に関係のない平野や海上にひょっこり現れる。下層から上昇した熱気泡(きほう)の部分では雲の一部が消えているので,別名〈あわぬき雲〉ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のくらげ雲の言及

【雲】より

…しゅう雨や雷を伴うことがある。 くらげ雲ふさ状雲の一種で,クラゲの形に似て丸い雲塊の下部にほつれた尾を引いている雲。 真珠母雲真珠雲ともいう。…

※「くらげ雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

くらげ雲の関連キーワードアラゲキクラゲ笠雲クラゲ水母の骨逆さ海月笹蜘蛛鉢水母キクラゲクロキクラゲ塩クラゲ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone