けいせい仏の原(読み)けいせいほとけのはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

けいせい仏の原
けいせいほとけのはら

歌舞伎狂言。近松門左衛門作。元禄 12 (1699) 年京都都万太夫座初演。越前藩主梅永家兄弟による御家騒動を中心に,2人の遊女今川と奥州の,主人公文蔵への恋と手助け,許婚者竹姫の嫉妬などをからませ,文蔵が藩主になって御家安泰となり,月窓寺開帳の場で総踊りの幕を閉じる情味豊かな狂言で,興行的にも大成功を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

けいせい仏の原
(別題)
けいせい ほとけのはら

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
傾城仏の原
初演
元禄12.1(京・藤十郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android