情味(読み)じょうみ

精選版 日本国語大辞典「情味」の解説

じょう‐み ジャウ‥【情味】

〘名〙
① 人に訴えるような面白さやよさ。あじわい。おもむき。情趣
※南游集(1364頃)和草庵首座山居「田地明々絶点埃静中味実奇哉」 〔韋荘‐三堂早春
人間らしい感情の起伏。やさしさ、思いやりなどといった、他に働きかける豊かな気持。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉二「稍情味の甘酸を嘗むる者に非れば、則ち与に語るに足らず」
※鼠と猫(1921)〈寺田寅彦〉三「何となしに淋しい子供等の生活に一脈の新しい情味が通ひ始めたやうに思った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「情味」の解説

じょう‐み〔ジヤウ‐〕【情味】

物のおもむき・おもしろみ。情趣。「情味豊かな夏祭り」
やさしい心遣い。人間らしいあたたかみ。人情味。「情味のあるもてなし」「情味に欠ける人」
[類語](1情緒情趣興趣滋味/(2愛情愛着人情味人間味情けじょう情合い情愛人情温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情人らしい人間臭い人間的人間らしい人間性ヒューマニティーヒューマニスティック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「情味」の解説

【情味】じよう(じやう)み

心づかい、おもむき。唐・杜甫〔病後、王倚にひて飲み、贈る歌〕詩 故人味、に似るもの無し をして手脚、(めぐ)るを欲せしむ

字通「情」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android