コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けつかる けつかる

大辞林 第三版の解説

けつかる

( 動五[四] )
〔近世上方語以降の語〕
「ある」「いる」などの意で卑しめていう。 「やあここに-・るか、よう舟へ石打つた/浄瑠璃・今宮心中
(補助動詞) 動詞の連用形、または、それに助詞「て」を伴った形に付いて、その動詞の示す動作を卑しめていう。 「なにを言って-・る」 「よろつきながらにらみ付、どうずりめ覚えて-・れ/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

けつかるの関連キーワード補助動詞丹波与作浄瑠璃乱れ腰湯