けんぼう

  • けんぼう ケンバフ
  • 憲法・兼房バウ

精選版 日本国語大辞典の解説

(「けんぽう」とも)
[2] 〘名〙
※評判記・色道大鏡(1678)二「こもんは、しどろに、なるほどこまやかなるを本とす。茶・憲法(ケンボウ)・花色・栗梅等を用ゆ」
② 憲法流の剣術を学んだ者。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「けんぼうといふ男達(おとこだて)、其比は捕手・居合はやりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android