こはぜ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こはぜ
こはぜ

留め具の一種。足袋(たび)、腕貫(うでぬき)、手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)あるいはたばこ入れなどの留め具として用いられる。材料には真鍮(しんちゅう)、合金が多く使用されているが、たばこ入れや袋物類には牙(げ)製、金銀、四分一に象眼(ぞうがん)を施したり、透(すかし)彫りなど手の込んだものも用いられる。室町時代末期の形態はくるみボタン形式のもので、桃山時代から裁着袴(たっつけばかま)に利用されたが、元禄(げんろく)時代(1688~1704)から、鯨(くじら)、鶴(つる)の骨などが利用された。なお、金属製品では、爪(つめ)の周囲に細い枠をつけるようになり、それが現代に及んでいる。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こはぜの関連情報