人人(読み)ニンニン

デジタル大辞泉の解説

にん‐にん【人人】

各人。めいめい。
「是れは全く―の貧富に由ることにして」〈福沢福翁百話

ひと‐びと【人人】

多くの人たち。めいめいの人たち。一般の人たち。「災害地の人人を激励する」「人人の意見を聞く」
多くの女房・召使いたち。
「若き―、悲しきことはさらにも言はず」〈・桐壺〉
(複数の人に対して代名詞のように用いて)みなさん。あなたがた。
「あれ御覧ぜよや―」〈謡・蘆刈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんにん【人人】

ひとびと。めいめい。各人。 「 -の進退は其人の自由自在なれども/福翁自伝 諭吉

ひとびと【人人】

多くの人たち。また、その中のそれぞれの人。 「大勢の-が集まった」 「政治体制は変わっても-の営みは変わらない」 「 -は口々に叫んだ」
複数の人。何人かの人。 「六人の-空しくぞ帰りける/義経記 6
代名詞のように用いて、複数の相手に向かって呼びかける語。あなた方。みなさん。 「御覧ぜよや、-/曽我 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐にん【人人】

〘名〙 ひとびと。各人。めいめい。各各。各自。
※風姿花伝(1400‐02頃)七「ここにこの風体をもてあそめば、かしこにまた余の風体を賞翫す。これにんにん心々の花なり」

ひと‐びと【人人】

〘名〙 「ひと」を重ねて複数を表わしたもの。
① 多くの人たち。元来「ひと」という語は、一般的に人間をさす語であるから、身分の高い者をさしていうことはまれで、中古の物語などで「ひとびと」という時は、女房たちや従者など召使いをさしていることが多い。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇六「秋のもみぢと ひとびとは おのがちりぢり わかれなば〈伊勢〉」
② 複数の対称を表わす代名詞のように用いる。皆さん。あなたがた。
※宇治拾遺(1221頃)六「人々の御有様を見るに」

ひとびと‐し【人人】

〘形シク〙
① 人なみである。世間一般の人と同じである。人間らしい。
※枕(10C終)四三「蠅こそ〈略〉人々しう、かたきなどにすべきもののおほきさにはあらねど」
② かなりの身分である。一かどの人らしい。身分、または人格がすぐれている。立派である。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「ざえも時にあひ、人々しければこそ、めでたうかひあれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人人の関連情報