コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごく ごく

大辞林 第三版の解説

ごく

〔「穀」または「言句」の転という〕
(「ごくに立たず」の形で)役に立たない。 「のう肝心の時には念仏といふ物もなんの-に立ちませぬ/浄瑠璃・反魂香」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ごくの関連キーワード針の先で突いた程極臈・極﨟・極臘バルチック三国楊枝を違える掌編・掌篇仙石権兵衛一字半銭薄雪昆布エマンセ八寒地獄遠国奉行氷の地獄間瀬正辰掌編小説プチ家出頭振る間隠し化粧大極殿和玉篇反魂香

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごくの関連情報