上方語(読み)カミガタゴ

世界大百科事典 第2版の解説

かみがたご【上方語】

江戸時代の前期に,京都,大坂を中心に使われたことばの意で,近世語を前後期に二分して後期の江戸語と比較する考えに基づいている。近世前期の上方語は寛文年間(1661‐73)を境に2期に区分され,前期がまだ中世的特徴を残しているのに対して後期の元禄年間(1688‐1704)には近世語的特徴が明確になるとされている。その特徴は,ジとヂ,ズとヅの〈四つ仮名〉の混同が顕著になり,また動詞などの二段活用の一段化,敬語法多様化などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみがたご【上方語】

上方地方を中心に行われている言葉。特に江戸時代には、京都・大坂などを中心に行われた言葉は、広く全国にもよく理解され一種の共通語的な性格をももつに至っていた。上方言葉。京阪語。 → 近世語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android