ごわごわ(読み)ゴワゴワ

  • ごわごわ ごはごは
  • ごわごわ〔ごはごは〕

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)紙や布などが、かたくこわばっていてしなやかでないさま。また、こわばった布や紙が擦れ合う音を表す語。「洗いたてのごわごわ(と)したジーンズ」
[形動]に同じ。「のりの利いたごわごわな(の)浴衣」
[アクセント]ワゴワ、はゴワゴワ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 紙、革、布などが、かたくこわばっていて、しなやかでないさま、また、こわばった紙や布などがすれあってたてる音を表わす語。
※俳諧・茶のさうし(1699)「こはこはと糊を手がらや衣がへ〈椵風〉」
[2] 〘形動〙 (一)に同じ。
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉八「年寄りはしまって置いたゴワゴワな手織の着物をきて」
[3] 〘名〙 糊の利いた布や衣服。
※雑俳・太箸集(1835‐39)二「産月の嚊・コワコワを着て涼しがる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごわごわの関連情報