コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不在地主 ふざいじぬし absentee land proprietor

6件 の用語解説(不在地主の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不在地主
ふざいじぬし
absentee land proprietor

所有地のある市町村に居住していない地主。通常は農地,ことに小作地についていい,これを所有しながら在村していない地主をいう。第2次世界大戦前の日本では不在地主の所有する小作地が多数存在し,これらの不在地主の多くは都市に生活し,小作地には管理人のみをおいて高額な小作料を徴収させるという寄生的生活をおくっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふざい‐じぬし〔‐ヂぬし〕【不在地主】

所有農地のある所在地に居住していない地主。→農地改革
[補説]書名別項。→不在地主

ふざいじぬし【不在地主】[書名]

小林多喜二の小説。昭和4年(1929)刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不在地主【ふざいじぬし】

所有する土地の所在地に居住していない地主。日本ではふつう自分の住所のある市町村区域外に農地等を所有する地主をいい,在村地主に対する。その小作地は農地改革強制買収され,不在地主は農地法で禁じられたが,1970年の改正で小作地平均1haまでの制限付で認められた。
→関連項目寄生地主制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふざいじぬし【不在地主】

所有する農地のある市町村に居住していない地主。 → 農地改革

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不在地主
ふざいじぬし

自己の所有する農地の所在地に居住せず、しかもその農地を貸し付けて所得を得ている者をいう。在村地主に対比される。第二次世界大戦後の農地改革によってその貸付農地はすべて解放された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不在地主の言及

【地主】より

…幕末期の農民層の分化はさらに地主の土地集積を展開させ,地主は明治初年の維新政府による一連の封建的諸制限の撤廃,なかでも明治維新の土地変革である地租改正によって,地主的土地所有として体制的に容認されることになった。【佐藤 常雄】
[近代]
 近代の地主は農地などその所有する土地を貸し付け,その地代収入によって生活の基盤とするが,その貸付地が存在する市町村に自分も居住する地主は在村地主,貸付地のある市町村以外で居住する地主は不在地主と一般に呼ばれる。また,その所有農地の一部を貸し出すが,他の部分は自分で耕作する地主を耕作地主,所有農地のすべてを貸し出し,自分では耕作しない地主を不耕作地主と呼んでいる。…

※「不在地主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不在地主の関連キーワード市町村税公有地自地町人地種不在村森林所有者在村者市町村道県内のごみ有料化ダム納付金市町村負担金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不在地主の関連情報