コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さくり サクリ

デジタル大辞泉の解説

さくり

[副]
たやすく物が切れるさま。また、鋭い刃物などを使って容易に物を切るさま。「メロンをさくりと切る」
粒の細かい砂や雪などを踏んだり掘ったりするときの音や、そのさまを表す語。「新雪の上をさくりさくりと歩く」「砂糖をスプーンでさくりとすくう」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくり

( 副 )
(多く「と」を伴って)物が鮮やかに切れるさまを表す語。 「ウリを-と切る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のさくりの言及

【裂織】より

…布を上下交互に細く裂いて長くつなぎ,これを緯糸とし,麻糸や木綿糸を経糸にして並幅に織った織物。〈さっこり〉〈さくり〉〈つづれ〉〈どんざ〉などともよばれる。木綿の自給が困難で,流通面も不備であった東北,北陸,山陰あるいは交通不便な山間地,漁村などでは,明治のころまで木綿は最も貴重な衣類であった。…

※「さくり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さくりの関連情報