探求(読み)さぐりもとめる

精選版 日本国語大辞典「探求」の解説

さぐり‐もと・める【探求】

〘他マ下一〙 さぐりもと・む 〘他マ下二〙 さがしもとめる。さがしまわる。さがしてみつけだす。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)序「本源をさくり求てよくしたぞ」 〔和英語林集成(初版)(1867)〕

たん‐きゅう ‥キウ【探求】

〙 さぐり求めること。さがし回ること。
※政党評判記(1890)〈利光鶴光〉一「弊害を探求して可乃限り其弊害を除斥するにあり」 〔孫資別伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「探求」の解説

たん‐きゅう〔‐キウ〕【探求】

[名](スル)あるものを得ようとしてさがし求めること。さがし出して手に入れようとすること。「幸福の探求」「貴重本の所在を探求する」
[類語]探る探す調べる尋ねる探査する調査する探索する詮索せんさくする探究する模索するあさる探し求める物色する求める見出す探り出す探し出す探り当てる探し当てる探りを入れる探し物捜索渉猟家捜し穿鑿ほじくる粗探し探検検索手探り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android