さようならば

  • さようならば さヤウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

(「ば」は接続助詞)
[1] 〘接続〙 順態の仮定条件を示す。そうであるならば。それなら。
※虎寛本狂言・餠酒(室町末‐近世初)「『歌と申物はあの様なもので御ざるか』『中々』『左様成らば、最前から読みませう物を』」
[2] 〘感動〙 ((一)から転じて) 別れの挨拶(あいさつ)に用いる語。さようなら。では。
※洒落本・南品傀儡(1791)「さやうならば、御きげんよふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android