さ君達(読み)さきんだち

精選版 日本国語大辞典 「さ君達」の意味・読み・例文・類語

さ‐きんだち【さ君達・さ公達】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「さ」は接頭語 ) 貴公子歌謡で、「さきんだちや」の形で、「貴公子の皆さんよ」と聴き手に呼びかけるはやしことばとして用いる。
    1. [初出の実例]「朝津の橋の とどろとどろと 降りし雨の 古りにし我を 誰ぞこの 仲人たてて 御許の容姿 消息し 訪ひに来るや 沙支牟太知(サキムダチ)や」(出典催馬楽(7C後‐8C)朝津)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android