コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御許 オモト

デジタル大辞泉の解説

お‐もと【許】

[名]
女性が使う脇付(わきづけ)の一。おんもと。
御座所。また、貴人のおそば。
「―にさぶらふ人の中に、内侍仕うまつるべき人はありや」〈宇津保・内侍督〉
御許人(おもとびと)」の略。
「ただ我どちと知らせて、ものなど言ふ若き―の侍るを」〈・夕顔〉
女房の呼び名などの下につけて用いる敬称。
「大式部の―」〈紫式部日記
[代]二人称の人代名詞。主として女性、特に女房を親しんでいう語。
「―だに物し給はば、何かさらむ」〈宇津保・内侍督〉

おん‐もと【御許】

貴人の居場所を敬っていう語。おもと。みもと。
(多く「おんもとに」「おんもとへ」の形で)おそばまでの意で、女性が手紙の脇付(わきづけ)に用いる語。

み‐もと【許】

相手を敬って、そのそば近くをいう語。女性が手紙の脇付に用いることもある。おもと。おんもと。「鈴木様御許に」
「―に候はばやと」〈末灯鈔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもと【御許】

( 名 )
貴人の座所を敬っていう語。おそば。 「入鹿-にまろびつきて/日本書紀 皇極訓
おそば近く仕える者。女房。 「この-、馴れて目やすし/源氏 宿木
高貴な家の主だった女房。 「すこし-ほどのきはにてぞありける/大鏡 兼家
(「…のおもと」の形で)女房の名の下につける敬称。 「民部の-なめり/源氏 空蟬
女性あての手紙であて名に添えて書く語。おんもと。 「 -に」
( 代 )
二人称。多く女性に対して、敬愛の気持ちをこめて用いる。あなた。 「 -は今宵は上にやさぶらひ給ひつる/源氏 空蟬

おんもと【御許】

おもと(御許) 」に同じ。
(多く「おんもとに」「おんもとへ」の形で)女性が手紙の脇付わきづけに書く語。 「山本様-に」

みもと【御許】

( 名 )
おいでになるところ。おそば。 「山田様-へ」
( 代 )
二人称。あなた。おもと。 「この仲人たてて-の容姿かたち消息し訪ひに来るやさきむだちや/催馬楽」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御許の関連キーワード巻き込む・巻込む窪田治部右衛門宇佐神宮境内そうぞうし吉備内親王村上姑南下村御鍬萩(市)催馬楽御許人仏通寺強ち飛車源氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御許の関連情報