コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪ひ トブライ

デジタル大辞泉の解説

とぶらい〔とぶらひ〕【訪ひ】

訪問すること。安否を問うこと。病気などを見舞うこと。
「ひとびとたえず―にく」〈土佐
訪問や見舞いの際の贈り物。進物。
「御―どもところせきまで、御心寄せ」〈・藤裏葉〉

とむらい〔とむらひ〕【訪ひ】

《「とぶらい」の音変化》おとずれること。たずねること。見舞うこと。
「女院の御住居御―のため」〈謡・大原御幸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶらい【訪ひ】

〔動詞「とぶらう(訪)」の連用形から〕
訪問すること。見舞い。 「是をかぐや姫聞て-にやる歌/竹取」
訪問・見舞いや謝礼などの贈り物。進物。 「六条院などよりも、御-ども所せきまで御心寄せ/源氏 藤裏葉

とむらい【訪ひ】

〔「とぶらい(訪)」の転〕
訪問。おとずれ。見舞い。 「女院の御住居御-のため/謡曲・大原御幸」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訪ひの関連キーワード建武式目条々申受ける見舞い松の内六条院無音公様遺聞御許

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android