コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さ野つ鳥 サノツドリ

デジタル大辞泉の解説

さ‐のつどり【さ野つ鳥】

[名]野の鳥。特に、キジをいう。
「―来鳴き翔(かけ)らふ」〈・三七九一〉
[枕]「雉(きぎし)」にかかる。
「―雉は響(とよ)む」〈・上・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さのつどり【さ野つ鳥】

〔「さ」は接頭語〕
( 名 )
野に巣くっている鳥。キジの別名。 「我を思へか-来鳴き翔らふ/万葉集 3791
( 枕詞 )
野にすむ代表的な鳥として、「きぎし」にかかる。 「 -きぎしはとよむ/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さ野つ鳥の関連キーワード接頭語庭つ鳥響む

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android