コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

してまた シテマタ

デジタル大辞泉の解説

して‐また[接]

[接]《接続詞「して」+接続詞「また」から》そしてまた。それから。ところで。現代では、やや形式ばった表現として用いられる。「してまたその後のなりゆきは」
「『まづ下には、白小袖をめしませう』『―中には』」〈狂言記・烏帽子折

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

してまた

( 接続 )
そしてまた。 「 -、こなたはどれへ向けてござる/狂言記・薩摩守」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

してまたの関連キーワードホーナー(James Robert Horner、プロ野球選手)バルサ/バルサボードプロレタリアート独裁アデノシン二リン酸ルドリュ・ロランビザンティン帝国カギノテクラゲアルゴリコス湾イエナ・プランみっともないえへらえへらオキサロ酢酸ティルマンズソステヌートテラリウム黒潮(町)哲学ノート解約手付徳川家慶禁酒運動

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

してまたの関連情報