コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃます シャマス

デジタル大辞泉の解説

しゃます[助動]

[助動][○|しゃまし|しゃます|しゃます|○|しゃませ]《尊敬の助動詞「しゃる」に丁寧の助動詞「ます」の付いた「しゃれ(り)ます」の音変化。近世、主に上方で用いられた語》四段・ナ変動詞の未然形に付く。丁寧の意を伴った尊敬の意を表す。なさいます。→しゃんす
「お乳母にさう言はしゃませ」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃます

( 助動 ) ( (しやませ) ・しやまし ・しやます ・しやます ・ (しやますれ) ・しやませ )
〔尊敬の助動詞「しゃる」の連用形に丁寧の助動詞「ます」の付いた「しゃれます」または「しゃります」の転。近世上方語〕
四段活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に付いて、動作の主体に対する尊敬の意を表す。…なさいます。お…になります。 「これ〱、姉様よう聞かしゃませ/浄瑠璃・双蝶蝶」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しゃますの関連キーワードナ行変格活用おしゃんすやしゃんすやしゃますやさんす助動詞やませ身儘