しゅっしゅっ

精選版 日本国語大辞典「しゅっしゅっ」の解説

しゅっ‐しゅっ

〙 (「と」を伴って用いることもある) 穴やすきまから、蒸気などが、勢いよく断続的にふき出る音を表わす語。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「やがて舟脚(ふなあし)倐々(シュッシュッ)と波を截って、〈略〉舟は次第に湾を出た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しゅっしゅっ」の解説

しゅっ‐しゅっ

[副]
蒸気などが勢いよく断続的に吹き出る音を表す語。「汽車がしゅっしゅっ(と)走る」
勢いよく摩擦するさま。「しゅっしゅっ(と)磨く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android