しるい

大辞林 第三版の解説

しるい

( 形 ) [文] ク しる・し
〔「汁」を活用させた語か。「じるい」とも。近世上方語〕
水っぽい。 「この雑吸は-・うて食はれぬ/咄本・露休置土産」
ぬかっている。 「道の-・き時は返しももだちを取るべし/宗五大草紙」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しる・い

〘形口〙 しる・し 〘形ク〙 (「しる(汁)」を活用させた語か。「じるい」とも)
① 液となってねばっこい。また、汁気が多い。水っぽい。
※名語記(1275)五「しるきもののかたまるをこるといへる」
仮名草子・似我蜂物語(1661)下「つるはこべを塩にてもみ、〈略〉三年四年過ければみな水のごとくしるく成也」
② 雨降りや水まきの後で、道がぬかっている。泥が深い。
※史記抄(1477)三「塗泥とはしるいぞ」
浮世草子・世間仲人気質(1776)一「地のしめりたる所をじるいといふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しるいの関連情報