コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しるい しるい

大辞林 第三版の解説

しるい

( 形 ) [文] ク しる・し
〔「汁」を活用させた語か。「じるい」とも。近世上方語〕
水っぽい。 「この雑吸は-・うて食はれぬ/咄本・露休置土産」
ぬかっている。 「道の-・き時は返しももだちを取るべし/宗五大草紙」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しるいの関連キーワード打ち手・討ち手・打手・討手ペスト(黒死病)マールブルグ病グラスホッパーエボラ出血熱トリコノドン徳田 御稔アザラシ苔蘚虫類オサムシ外肛類渦虫類蔓脚類弁鰓類斧足類双殻類潜葉虫鰭脚類橈脚類掘足類

しるいの関連情報