コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんし しんし

大辞林 第三版の解説

しんし

( 助動 )
〔尊敬の助動詞「しゃんす」の命令形「しゃんせ」の転〕
四段活用の動詞などに付いて、軽い敬意を添えた命令の意を表す。 「さあ〱其金受け取りましよ、きり〱渡してやらしんし/浄瑠璃・難波丸金鶏」 → しゃんす

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

しんしの関連キーワード竹柴金作(初代)未練未酌が無いエロージョンサイコグラフ地張り・地張振り子・振子ナイポール民部卿三位湿性肋膜炎寸退尺進身代済むアミエル皖南事件肝を嘗む洗い張り有馬正義藤原親子錦繡の腸新興宗教水食谷

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんしの関連情報