コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李賀 りが Li He

6件 の用語解説(李賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李賀
りが
Li He

[生]貞元7(791)
[没]元和12(817)
中国,中唐の詩人。昌谷 (河南省宜陽県) の人。字,長吉。韓愈の知遇を得,その推薦で元和5 (810) 年進士を受験したが,その才をねたむ者から,父の名が晋粛であるから,その子が進士となるのは晋と進が同音で父の諱 (いみな) をおかすと異議が出て失格となり,翌年奉礼郎の卑職についたが,同8年辞職,失意のまま早逝した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐が【李賀】

[790~816]中国、中唐期の詩人。福昌(河南省)の人。字(あざな)は長吉(ちょうきつ)。韓愈の知遇を得たが、不遇のまま早世。浪漫的、幻想的な詩風で有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李賀【りが】

中国,中唐の詩人。河南省福昌の人。字は長吉。唐の皇室の一門だというが,進士の試験にも不合格,韓愈(かんゆ)に詩才を認められたが,不遇の中に若死した。異常にさえた感覚で,神話的空想の世界を,幽艶(ゆうえん)な雰囲気に歌いあげた鬼才であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りが【李賀 Lǐ Hè】

791‐817
中国,中唐の詩人。字は長吉,ために李長吉ともいう。福昌(河南省宜陽県)の人。10代にして韓愈に詩才を認められて科挙を目ざしたが,韓愈の推薦にもかかわらず,反感を抱く者たちに受験をはばまれ,失意のうちに帰郷した。以後中央官界への道は閉ざされ,一時微官を得たこともあるが,27歳で夭折した。その詩人としての生活は,朝に驢馬にまたがって外出し,佳句を得ては錦の袋に入れ,夕刻帰宅して完成させるのが日課だったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りが【李賀】

791~817) 中国、中唐の詩人。字あざなは長吉。下級役人として失意と絶望のうちに早世した。「楚辞」の影響をうけ、夢幻的・幻想的な色彩感の豊かな詩を作り、鬼才と称せられた。李長吉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李賀
りが
(790―816)

中国、中唐の幻想詩人。字(あざな)は長吉(ちょうきつ)。昌谷(しょうこく)(河南省)の中小地主の出身。20歳のとき、彼の才を認めた韓愈(かんゆ)の推薦を得て進士の試験に臨んだが、父の名晋粛(しんしゅく)の晋と進士の進が同音だから受験を遠慮せよとの説が出て、官途を断念せざるをえなかった。その詩は絢爛(けんらん)と凄絶(せいぜつ)を兼ね合わせた幻想の世界を得意とし、作風はペシミズムとデカダンスに塗り込められて暗い。美女の亡霊、深山の妖(あや)かし、墓前の鬼火などを好んで詩題としたため、後世の批評家から「鬼才絶」(冥界(めいかい)の異能力者)と称されるに至った。わずか27歳で夭逝(ようせい)したが、そのとき「天帝が白玉の高楼を建てた祝いに、詩を作らせようと私をお召しになる」と母に告げたという。ここから文人の死を「白玉楼中の人となる」との成語を生んだ。『李長吉歌詩』四巻がある。[野口一雄]
『荒井健注『中国詩人選集14 李賀』(1959・岩波書店) ▽斎藤著『漢詩大系13 李賀』(1967・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李賀の言及

【中国文学】より

…韓愈を中心とするグループには異色の詩人がいた。異様な幻想美の世界を作り出した短命の詩人李賀の〈鬼才〉を発見し賞賛したのは彼であったという。韓愈と白居易の時代(およそ766‐835)は中唐とよばれ,それ以後(唐の滅亡の年907まで)を晩唐とよぶ。…

【唐詩】より

…韓愈の詩の評価が後になるほど高くなることは杜甫にやや似るが,日本ではいっそう遅れる。彼のグループの若き鬼才李賀は異常な感覚をもって新しい美の世界をひらいたが,その認識と鑑賞はさらに遅れ,江戸時代の末に詩集が翻刻されて初めて全貌が知られるようになる。 晩唐(836ころ‐907)の傑出した詩人は杜牧と李商隠で,杜牧は軽快な筆致の詩を作ったが,李商隠の恋愛を主題とし象徴的手法を用いた七言律詩は,李賀とも異なった美の世界を立てた。…

※「李賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李賀の関連キーワード銭起中唐長吉李長吉双蝶々大阪府大阪市平野区長吉川辺大阪府大阪市平野区長吉出戸大阪府大阪市平野区長吉六反浅野長吉放駒長吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李賀の関連情報