コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃう じゃう

大辞林 第三版の解説

じゃう

( 連語 )
〔「でしまう」の転。「で」は接続助詞「て」が撥音に付いて濁音化したもの。話し言葉でのくだけた言い方〕
動詞の連用形(撥音便の形)に付いて、補助動詞的に用いる。…でしまう。…じまう。 「もう読ん-・った」 「風で飛ん-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃうの関連キーワードうじゃうじゃ悋気の火の玉栗杖亭鬼卵然しもなしうやうや四郎兵衛うざうざ浮れ出る檀那山伏うようよ平家物語話し言葉うだうだつい居る接続助詞板付き撥音便連用形夥しい度する

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じゃうの関連情報