すくがらす(読み)スクガラス

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すくがらす


沖縄名産のあいごの稚魚の塩辛。豆腐などにのせて酒の肴(さかな)とすることが多い。◇「すく」はあいごの稚魚、「からす」は塩辛のこと。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android