すちゃらか

精選版 日本国語大辞典の解説

すちゃらか

〘名〙 歌舞伎下座音楽の一つ。幕末から流行した阿呆陀羅経(あほだらきょう)を三味線にのせたもので、小木魚を入れる。すちゃらかの唄、すちゃらかの鳴物、すちゃらかの合方、すちゃらかぽくぽくの合方などと呼び、町家の場面に用いる。あほだら。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)六幕「トスチャラカの合方になり、与次兵衛杖を突き、花道へはひる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android