せいなん

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐なん

〘名〙 植物「せり(芹)」の異名。
※歌謡・はやり歌古今集(1699)小栗判官くどき「せいなんとは雪駄(せきだ)の事ではござらぬか。はて扨て粗相な人があるそれも芹をや申すらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報