コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗相/麁相 ソソウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐そう〔‐サウ〕【粗相/×麁相】

[名](スル)
不注意や軽率さから過ちを犯すこと。また、その過ち。「お客様に―のないように」
大便や小便をもらすこと。「子供が遊びに夢中で―する」
[名・形動ナリ]
粗末なこと。粗略なこと。また、そのさま。
「扇なども、賜はせたらむは、―にぞあらむかし」〈栄花・わかばえ〉
軽薄であること。そこつなこと。また、そのさま。
「ある―なる人、据え風呂を取りちがへ井戸へはまりけるが」〈咄・御前男・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そそう【粗相】

( 名 ) スル
不注意から起こす失敗。軽率なあやまち。しくじり。 「 -のないように気をつける」
大小便をもらすこと。 「寝床で-する」
( 形動ナリ )
粗末なさま。粗略なさま。 「扇なども賜はせたらむは、-にぞあらむかし/栄花 若生え
軽率なさま。軽はずみなさま。 「あれには-に乗る。…舟に乗つたことがないと見えた/狂言・薩摩守」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗相/麁相の関連キーワード取り外す・取外すしつけ上手粗相惣兵衛強請れ者笑い話取外す堀の内不調法過ちわび金屎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android