コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗相/麁相 ソソウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐そう〔‐サウ〕【粗相/×麁相】

[名](スル)
不注意や軽率さから過ちを犯すこと。また、その過ち。「お客様に―のないように」
大便や小便をもらすこと。「子供が遊びに夢中で―する」
[名・形動ナリ]
粗末なこと。粗略なこと。また、そのさま。
「扇なども、賜はせたらむは、―にぞあらむかし」〈栄花わかばえ〉
軽薄であること。そこつなこと。また、そのさま。
「ある―なる人、据え風呂を取りちがへ井戸へはまりけるが」〈咄・御前男・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そそう【粗相】

( 名 ) スル
不注意から起こす失敗。軽率なあやまち。しくじり。 「 -のないように気をつける」
大小便をもらすこと。 「寝床で-する」
( 形動ナリ )
粗末なさま。粗略なさま。 「扇なども賜はせたらむは、-にぞあらむかし/栄花 若生え
軽率なさま。軽はずみなさま。 「あれには-に乗る。…舟に乗つたことがないと見えた/狂言・薩摩守」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone