コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せの湖 せのうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

せの湖
せのうみ

富士五湖の本栖湖精進湖西湖一続きであった有史時代の湖。富士山の北麓,河口湖の西にせの湖があったが,貞観6 (864) 年6月富士山の噴火による溶岩で湖の一部が埋められ,本栖湖,精進湖と西湖に分れた。このとき湖水は魚や亀が死ぬほど熱せられたという記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

せの湖の関連キーワード富士五湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android