コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せの湖 せのうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

せの湖
せのうみ

富士五湖の本栖湖,精進湖,西湖が一続きであった有史時代の湖。富士山の北麓,河口湖の西にせの湖があったが,貞観6 (864) 年6月富士山の噴火による溶岩で湖の一部が埋められ,本栖湖,精進湖と西湖に分れた。このとき湖水は魚や亀が死ぬほど熱せられたという記録がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

せの湖の関連情報