コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本栖湖 もとすこ

7件 の用語解説(本栖湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本栖湖
もとすこ

山梨県南部,富士山北西麓にある湖。富士河口湖町身延町にまたがる。富士五湖の一つ。面積 4.7km2。周囲 11km。最大水深 121.6m。湖面標高 901m。周囲を天守山地御坂山地に囲まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もとす‐こ【本栖湖】

山梨県にある富士五湖のうち、西端の湖。富士山の溶岩流による堰止(せきと)め湖。面積4.7平方キロメートル。最大深度121.6メートルで五湖中最深。湖面標高900メートル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本栖湖【もとすこ】

山梨県南部,富士山北西麓にある湖。富士五湖の一つ。湖面標高900m,面積4.70km2,最深121.6m。864年,五湖ができる過程で【せ】海(せのうみ)から最初に分かれたのがこの湖とされ,冬季も結氷はまれである。
→関連項目青木ヶ原西湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もとすこ【本栖湖】

山梨県南部,富士山北麓にある湖。富士五湖の一つで,西八代郡下部町と上九一色(かみくいしき)村にまたがる。面積5.1km2。かつての剗海(せのうみ)から富士山の溶岩流によって分離した堰止湖。湖面の標高は900mで西湖,精進湖と同じである。最大水深は122mで五湖中最も深く,湖底の水温は年間を通じ約4℃を保ち,冬季も結氷しない。流出する河川はないが,北西端から導水トンネルによって富士川支流に水を落とし発電に利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もとすこ【本栖湖】

富士五湖のうち最西端にある湖。湖面海抜900メートル。面積5.1平方キロメートル。最大深度約122メートルで五湖中最深。冬季、全面結氷はしない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕本栖湖(もとすこ)


山梨県南部、富士(ふじ)山北西麓(ほくせいろく)にある堰止湖(せきとめこ)。面積4.7km2。富士五湖の西端に位置し、最大水深は121.6mあり、5湖中最深。北西部からトンネル導水路により富士川水系の反木(そろき)川沿いにある発電所に導水する。周囲には自然がよく残され、避暑・キャンプの好適地。春から秋にかけて遊覧船が運航する。北西岸からの富士山の眺望、とくに湖面に映る山容は「逆さ富士」として名高い。富士箱根伊豆(はこねいず)国立公園に属し、湖畔にキャンプ場青少年スポーツセンターがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本栖湖
もとすこ

山梨県南都留(みなみつる)郡富士河口湖(ふじかわぐちこ)町と南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町の境にある富士五湖の一湖。五湖のうちで最西端に位置する。標高900メートル、面積4.7平方キロメートル。最大深度は121.6メートルで五湖中で最深。透明度11.2メートル、水色は澄んだ藍(あい)色である。864年(貞観6)の富士山の噴火による溶岩で、「本栖水海」が現在の本栖湖、西(さい)湖、精進(しょうじ)湖に分離した。貧栄養湖であるが、フナ、ヤマメ、ウグイなどが釣れる。また富士宮(ふじのみや)道路(国道139号)を経由しての観光客も多くなったが、湖畔には青少年スポーツセンターなど若干の施設があるのみで、山中湖、河口湖ほどのにぎわいはなく、まだ自然が多く残っている。2013年(平成25)に本栖湖を含め富士五湖は、富士山域や周辺の神社、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産とともに「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本栖湖の関連キーワード富士吉田山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢山梨県南都留郡富士河口湖町勝山山梨県南巨摩郡富士川町小室山梨県南巨摩郡富士川町十谷山梨県南巨摩郡南部町南部山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺山梨県富士吉田市山梨県南都留郡富士河口湖町船津山梨県南巨摩郡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本栖湖の関連情報