コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士五湖 ふじごこ

6件 の用語解説(富士五湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士五湖
ふじごこ

山梨県南部,富士山の北麓にある五つの湖。西から本栖湖精進湖西湖河口湖山中湖と半円形に並ぶ。いずれも富士山の噴火によって形成された堰止湖で,本栖湖精進湖,西湖,河口湖御坂山地に,山中湖丹沢山地によって背後をさえぎられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐ごこ【富士五湖】

山梨県、富士山北麓にある山中湖河口湖西(さい)湖精進(しょうじ)湖本栖(もとす)湖の五つの堰止(せきと)め湖。平成25年(2013)「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一つとして世界遺産に登録された。→富士山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

富士五湖【ふじごこ】

山梨県南部,富士山北麓の堰止(せきとめ)湖群。東から山中湖河口湖西(さい)湖精進(しょうじ)湖本栖(もとす)湖と並ぶ。山中湖の桂川以外に天然の排水河川はなく,透水性のよい溶岩地帯にあるため,湖水の涵養(かんよう)・排水はおもに伏流水によって行われる
→関連項目下部[町]せき(堰)止め湖富士山御坂山地山梨[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじごこ【富士五湖】

山梨県南部,富士山北麓にある山中湖河口湖西(さい)湖精進(しようじ)湖本栖(もとす)湖の5湖の総称。富士山から噴出した溶岩流によって北側の御坂山地との間の谷がせき止められてできた。まず,猿橋溶岩流によって宇津湖,剗海(せのうみ)の2湖が形成された。宇津湖はさらに溶岩流によって山中湖,忍野(おしの)湖,河口湖に分けられ,忍野湖は埋積して忍野盆地となった。剗海からはまず本栖湖が分かれ,さらに864年(貞観6)の噴火による青木ヶ原溶岩流で西湖と精進湖に分離した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじごこ【富士五湖】

山梨県南部、富士山北麓にある山中湖・河口湖・西さい湖・精進しようじ湖・本栖もとす湖の五つの湖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士五湖
ふじごこ

富士山北麓(ほくろく)の山中、河口、西(さい)、精進(しょうじ)、本栖(もとす)の五湖の総称。富士山およびその側火山の溶岩流により、富士山と北側の御坂(みさか)山地の間の谷がせき止められてできた。猿橋(さるはし)溶岩流により宇津湖と(せのうみ)に分割され、宇津湖の一部は水が流出し忍野(おしの)盆地となり、さらに山中湖と河口湖ができた。一方の海はまず本栖湖が分かれ、864年(貞観6)の青木ヶ原溶岩流により西湖と精進湖に分かたれた。現在、自然の流水口をもつのは山中湖のみで、河口湖、西湖、本栖湖は他の目的を兼ねた排水路をもつ。このため大雨による降水に対しては水位の上昇が大きい。
 五湖のうち面積が最大のものは山中湖(6.8平方キロメートル)で、最小は精進湖(0.5平方キロメートル)。最大深度は本栖湖が121.6メートルであるのに対し、山中湖、河口湖は15メートル以内である。水色、水温などは湖水の深さ、湧水(ゆうすい)量、湖面の高度などによりかなりの差が認められる。富士箱根伊豆国立公園に属し、それぞれ独自の湖の風景、富士山の姿などが楽しめ、また標高900メートル前後に位置するため各季節のレクリエーションの対象となり、近年保養観光地的な施設も増加している。2013年(平成25)に富士五湖は、富士山域や周辺の神社、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産とともに「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士五湖の関連キーワード山中湖富士吉田勝山〈村〉山梨県南都留郡富士河口湖町河口河口湖〈町〉山梨県南都留郡山中湖村平野山梨県南都留郡富士河口湖町船津山梨県南都留郡山梨県南都留郡山中湖村山中山梨県南都留郡山中湖村

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士五湖の関連情報