せんべろ酒場(読み)せんべろさかば

知恵蔵miniの解説

せんべろ酒場

価格帯が非常に低い酒場を指す俗称である。「せんべろ」は「1000円でべろべろに酔える」を略したもので、作家の中島らも・小堀純共著の著書『せんべろ探偵が行く』(2003年、集英社)で使い始めたのが最初と言われ、その後広く一般に用いられるようになった。価格帯が低いため、立ち飲み、角打ち(酒屋の一角で立ち飲みで酒を飲ませること)、大衆酒場といった飲食店に、同酒場に該当する店舗が多いとされる。

(2016-11-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せんべろ酒場の関連情報