コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そばかす病(ストロベリークローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

そばかす病(ストロベリークローバ)

冷涼地での発生が多い斑点性の糸状菌病。主に葉に黒褐色、直径1mm程度の小斑を多数形成し、葉全体に黒胡椒を振りかけたような感じになる。病斑周囲は次 第に黄化し、ついには葉が枯れ上がる。冷涼多雨時には激発する。古くなった病斑上には黒い小粒(子のう殻)が形成される。病原菌はアルファルファのそばか す病菌とは別種である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

そばかす病(ストロベリークローバ)の関連キーワードそばかす病(アルファルファ)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android