そりこ船(読み)そりこぶね

世界大百科事典 第2版の解説

そりこぶね【そりこ船】

島根県の出雲・隠岐海岸で見られた(くり)舟。古くは漁労や運搬に広く活用されていたが,近代ではもっぱら出雲の中海での桁曳(けたひき)漁に用いられるにとどまり,それもいまではほとんど消滅した。長さは約6m,幅約1m,材はモミで,古くは一本木の丸太彫であったが,しだいに2枚継ぎ,3枚継ぎのものに変わってきた。舳部を極端にそらせ,わざとローリングしやすいように造るところに特色がある。漕具は櫓。【石塚 尊俊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のそりこ船の言及

【中海】より

…また半鹹湖であるため,エビ,ウナギ,ボラ,クロダイなどを産する。くり舟として知られるそりこ船は,艫(とも)につけた熊手形の桁により船の動揺につれてアカガイやエビを網にかける桁曳(けたひき)漁に用いられたが,現在は完全に消滅した。そりこ船は美保関町の美保神社に1隻保存されている。…

※「そりこ船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android