コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たこ焼 たこやき

百科事典マイペディアの解説

たこ焼【たこやき】

練った小麦粉を半球状のくぼみの多数ある鉄型に流し込み,刻んだタコやイカの足,ネギ,ショウガ,干しエビなどを入れて焼き上げたもの。ソースやつけ汁で食べる。大阪で発達した庶民的な軽食

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のたこ焼の言及

【お好み焼】より

…また,文字焼をなまった〈もんじゃ焼〉の語もひろく分布しており,大阪などでは〈一銭洋食〉とも呼ばれた。なお,お好み焼に近いものに〈たこ焼〉があるが,これはくぼみをつけた鉄板,または銅板を用いる点で,文字焼よりはむしろ今川焼の系統に属するものである。【鈴木 晋一】。…

※「たこ焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

たこ焼の関連キーワード道頓堀コナモンミュージアム大阪たこ焼きミュージアムピエルルイジ コッリーナオコパー・タコパーの日なにわ食いしんぼ横丁ソウルフードたこせんべい小田柿悠太遠藤 留吉築地銀だこたこ焼の日ベンビー増田有華山本麻貴中川愛海鴨志田茂これ1台遠藤留吉たこ焼き本家本元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たこ焼の関連情報