たそがれ派(読み)たそがれは(英語表記)crepuscolari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「たそがれ派」の解説

たそがれ派
たそがれは
crepuscolari

20世紀初めイタリアに興った詩の流派。伝統的修辞法にとらわれない自由な形式で詩を書いたことから,イタリア現代詩はこのグループとともに誕生したといわれる。主要な詩人コラッツィーニゴッツァーノ,F.M.マルティーニ,M.モレッティゴボーニなど。 18世紀の大詩人 G.パリーニからカルドゥッチを経てダンヌンツィオにいたる,華麗で高度に修辞的なイタリア伝統詩の光芒がまさに消えようとする時期に現れた詩人たちという意味から,1911年に評論家ボルジェーゼが初めてこの呼称を用いた。コラッツィーニ,ゴッツァーノら夭折した詩人たちの,ささやくように歌う感傷的な詩句は,A.サマン,F.ジャム,ローデンバックなど,同時代のフランス,ベルギーの詩人たちの作品と気脈を通じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android