光芒(読み)コウボウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぼう〔クワウバウ〕【光×芒】

尾を引くように見える光のすじ。ひとすじの光。「光芒を放つ」「光芒一閃(いっせん)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぼう【光芒】

光のほさき。彗星すいせいなどのように尾を引いて見える光の筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぼう クヮウバウ【光芒】

〘名〙
① 尾をひく光のすじ。光のほさき。ひかり。多く彗星にいう。
※台記‐天養二年(1145)五月一二日「慧星猶見、但無光茫〈十三日又同〉、去八日其光薄細」 〔史記‐天官書〕
② 他よりも一段とすぐれて目立っているところをいう。
※ぼらのへそ(1956‐57)〈中野好夫〉凡夫礼賛「ことに光(コウボウ)を放っているのは最後の殉節である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光芒の関連情報