光芒(読み)こうぼう

精選版 日本国語大辞典 「光芒」の意味・読み・例文・類語

こう‐ぼう クヮウバウ【光芒】

〘名〙
① 尾をひく光のすじ。光のほさき。ひかり。多く彗星にいう。
台記‐天養二年(1145)五月一二日「慧星猶見、但無光茫〈十三日又同〉、去八日其光薄細」 〔史記天官書
② 他よりも一段とすぐれて目立っているところをいう。
ぼらへそ(1956‐57)〈中野好夫〉凡夫礼賛「ことに光芒(コウボウ)を放っているのは最後殉節である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「光芒」の意味・読み・例文・類語

こう‐ぼう〔クワウバウ〕【光×芒】

尾を引くように見える光のすじ。ひとすじの光。「光芒を放つ」「光芒一閃いっせん
[類語]明かり灯火ともし火輝ききらめき光線光明こうみょう光輝こうき光耀こうよう光彩閃光せんこうライト明るみ薄明かり月明かり星明かり雪明かり川明かり花明かり街明かり窓明かりほの明るい薄明るい余光薄明かわたれ時たそがれたそがれ時残照夕明かりおぼろ微光ほのめく薄ら日ほのぼのトワイライト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android