たたなづく(読み)タタナヅク

デジタル大辞泉の解説

たたな‐づく

[枕]
幾重にも重なっている意から、「青垣」「青垣山」にかかる。
「―青垣山籠れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉
かかり方未詳。「柔膚(にきはだ)」にかかる。
「夫(つま)の命(みこと)の―柔膚すらを」〈・一九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたなづく

( 枕詞 )
重なり付く意か。「青垣山」または「青垣」にかかる。 「大和は国のまほろば-青垣山隠れる大和しうるはし/古事記
「柔膚にきはだ」にかかる。 「なびかひし夫つまの命の-柔膚にきはだすらを/万葉集 194

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たたな‐づく

① 幾重にも重なっている意で、「青垣」または「青垣山」にかかる。
※古事記(712)中・歌謡「大和は 国のまほろば 多多那豆久(タタナヅク) 青垣 山ごもれる 大和しうるはし」
② 「柔肌(にきはだ)」にかかる。かかり方未詳。
※万葉(8C後)二・一九四「玉藻なす 彼寄りかく寄り 靡(なび)かひし 夫(つま)の命の 多田名附(タたなづく) 柔膚(にきはだ)すらを つるぎ大刀 身に添へ寝ねば」
[補注](1)「たたな」は、「たたぬ」「たたむ」などと語根を同じくするもので、たたみ重なる意を表わし、「づく」は「付く・着く」の意であろうという。
(2)②の用法は、人麻呂が古い枕詞を転用させたものかといわれるが、そのかかり方は衣が重なったように柔らかになびく意からとか、身を折りかがめる意からなど、諸説ある。なお、この①②とも、枕詞としない説も多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android