コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたなづく タタナヅク

デジタル大辞泉の解説

たたな‐づく

[枕]
幾重にも重なっている意から、「青垣」「青垣山」にかかる。
「―青垣山籠れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉
かかり方未詳。「柔膚(にきはだ)」にかかる。
「夫(つま)の命(みこと)の―柔膚すらを」〈・一九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたなづく

( 枕詞 )
重なり付く意か。「青垣山」または「青垣」にかかる。 「大和は国のまほろば-青垣山隠れる大和しうるはし/古事記
「柔膚にきはだ」にかかる。 「なびかひし夫つまの命の-柔膚にきはだすらを/万葉集 194

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たたなづくの関連キーワード大和青垣国定公園和膚・柔膚まほろば日本武尊まほらま古代歌謡景行天皇麗しい思国歌籠もる河内青垣和肌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android