青垣(読み)あおがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青垣
あおがき

兵庫県中東部,丹波市北西部の旧町域。加古川上流部の佐治川上流域に位置し,北部は京都府に接する。 1955年佐治町と芦田村,神楽村,遠阪村の3村が合体して青垣町が成立。 2004年柏原町,氷上町,春日町,山南町,市島町と合体して丹波市となった。中心集落の佐治は但馬方面から京都にいたる街道筋の旧宿場町。米,アズキが主要産物で,和牛の飼育も行なわれている。小稗 (こびえ) の特産物である丹波布は木綿と絹糸を織り混ぜ,草木の汁で染めた伝統的な織物。檜倉の高源寺は臨済宗巨刹で,絹本着色普応国師像は国の重要文化財。紅葉が有名。北西の山岳地一帯は,朝来群山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あお‐かき〔あを‐〕【青垣】

《「あおがき」とも》周囲を取り巻いている山々を、青い垣に見立てた語。古代、国褒めの慣用語青垣山
「たたなづく―山ごもれる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおかき【青垣】

青々とした山が周囲を取り巻いているさまを青い垣に見立てていう土地ぼめの語。 「倭やまとは国のまほろばたたなづく-/古事記

あおがき【青垣】

兵庫県中東部、丹波市の地名。加古川の最上流域を占める。丹波布で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青垣
あおがき

兵庫県中東部、氷上郡(ひかみぐん)にあった旧町名(青垣町(ちょう))。現在は丹波(たんば)市北西部の一地区。1955年(昭和30)佐治町と芦田(あした)、神楽(しぐら)、遠阪(とおさか)の3村が合併して青垣町が成立。2004年(平成16)柏原(かいばら)町、氷上町、春日(かすが)町、山南(さんなん)町、市島(いちじま)町と合併、市制施行して丹波市となる。旧町域は、加古川(かこがわ)の源流域に位置し、北東部を京都府と接する。緑濃い中国山地に抱かれるところから「青垣」と命名された。JR福知山線開通まで、佐治は但馬(たじま)と大阪を結ぶ街道筋の宿場町として栄えた。現在は国道427号、429号、483号が通じる。農林業が中心だが、1994年(平成6)には工業団地が造成されている。江戸末期に始まる丹波布は天然の草木染めで、国の選択無形文化財。保存協会が伝承に努めており、丹波布伝承館で製造工程をみることができる。沢野の八幡神社の「青垣の翁三番叟(おきなさんばそう)」は丹波猿楽の流れをくみ、国の選択無形民俗文化財に指定されている。桧倉(ひのくら)の高源寺(こうげんじ)蔵の『絹本着色普応国師(ふおうこくし)像』は国指定重要文化財。[大槻 守]
『『青垣町誌』(1975・青垣町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐かき あを‥【青垣】

〘名〙 (後世は「あおがき」) 青々と茂っている垣の意で、特に、青々とした山が、垣のように周囲を取り囲んでいるさまをいう。国ぼめに用いる慣用語。青垣山。
※古事記(712)中・歌謡「大和(やまと)は 国のまほろば たたなづく 阿袁加岐(アヲカキ) 山隠(ごも)れる 大和しうるはし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青垣の関連情報