コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ため ため

大辞林 第三版の解説

ため

〔若者言葉。かつて賭博用語でぞろ目を指す言葉と言われる〕
同じこと。対等であること。 「 -を張る(=対等ノ立場デ相手ト渡リ合ウ)」 「あいつとは高校で-だ(=同学年ダ)」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ため

相手と対等、または同等であることをいう俗語。地位や力関係、年齢などについていう。「ためを張る(=張り合う)」「ため
[補説]さいころ賭博(とばく)で、二つのさいの目が同じになることからという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ための関連キーワードバーティカル・パブリケーション情報セキュリティポリシーセイフティセカンドドキュメントリーダ人を思うは身を思うアジア女性基金アイアンチンク側線(鉄道)糖尿病性昏睡必要十分条件ミクロトーム消費者包装加熱保持管小便溜め個人保障一肌脱ぐ策を施す仕込み桶脱墨剤乳貰い

ための関連情報