コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だらだら陽炎景気 ダラダラカゲロウケイキ

1件 の用語解説(だらだら陽炎景気の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だらだらかげろう‐けいき〔だらだらかげろふ‐〕【だらだら陽炎景気】

平成14年(2002)2月から平成19年(2007)10月まで69か月間続き、戦後最長となった景気拡大期の呼び名の一。与謝野馨経済財政相が平成21年(2009)1月30日の記者会見で質問に答えて発言した。景気拡大の実感が伴わないまま期間だけは長く続き、はかなく終わった、との印象から。この期間は、賃金が伸び悩み、消費は拡大せず、経済成長率は低調だった。その後、サブプライムローン問題を発端とする平成20年(2008)の世界金融危機の影響で後退期に入った。以前の最長記録は高度成長期の「いざなぎ景気」(第六循環)で昭和40年(1965)11月から昭和45年(1970)7月までの57か月間。第十四循環。いざなみ景気。→景気循環

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

だらだら陽炎景気の関連キーワード科学技術ムン ソリ現職教育国民宿舎島うたロナウドアメリカ農業法白木順子桂雀太有橋淑和

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone