実感(読み)ジッカン

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
実際に事物・情景に接したときに得られる感じ。「喜びの実感がわく」「人間の弱さを実感させられた」
実際に実物に接したように、生き生きと感じること。「実感のこもった話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 現実の物事から得る感じ。また、実際に接しているような感じ。心の底からでた真実の感情。
※病牀六尺(1902)〈正岡子規〉七八「実感といふのは実際の物を見た時の感じで」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「女の声にあまり実感が溢れてゐるので」
② (━する) 実際に接しているように感じること。現実のものとして感じること。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉一「議場のふんい気を実感することは」
③ 人の性欲をそそるような感じ。〔現代新語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実感の関連情報