実感(読み)ジッカン

デジタル大辞泉の解説

じっ‐かん【実感】

[名](スル)
実際に事物・情景に接したときに得られる感じ。「喜びの実感がわく」「人間の弱さを実感させられた」
実際に実物に接したように、生き生きと感じること。「実感のこもった話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっかん【実感】

( 名 ) スル
実際に物事に直面したとき受ける感じ。 「 -がわく」 「現実の厳しさを-する」
実際に感じている心底からの感情。 「 -にあふれた言葉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じっ‐かん【実感】

〘名〙
① 現実の物事から得る感じ。また、実際に接しているような感じ。心の底からでた真実の感情。
※病牀六尺(1902)〈正岡子規〉七八「実感といふのは実際の物を見た時の感じで」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「女の声にあまり実感が溢れてゐるので」
② (━する) 実際に接しているように感じること。現実のものとして感じること。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉一「議場のふんい気を実感することは」
③ 人の性欲をそそるような感じ。〔現代新語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実感の関連情報