コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちぎれ雲 ちぎれぐも

百科事典マイペディアの解説

ちぎれ雲【ちぎれぐも】

層雲もしくは積雲からひきさかれ小片の形をして現れる雲。おもに下層雲の場合についていう。片積雲片乱雲など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちぎれ雲
ちぎれぐも

雲の国際分類表のなかの付随雲の一つ。積乱雲の底面近くに、または底面に接触して、紙をちぎったようなぎざぎざした輪郭の雲が発生する。高層雲、乱層雲、積雲の底面近くに発生することもある。雲底近くの気流が乱れており、それに伴う上昇気流の部分に雲が発生したものである。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のちぎれ雲の言及

【雲】より

…おもに積乱雲や積雲の上部にくっついたり,雲頂の少し上方に離れて現れることがある。 ちぎれ雲ぼろぼろの断片状の雲で,他の雲に付随して現れる。高層雲,乱層雲,積雲,積乱雲の下に離れて現れるが,ときにはくっついて現れることがある。…

※「ちぎれ雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちぎれ雲の関連情報