コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちぎれ雲 ちぎれぐも

2件 の用語解説(ちぎれ雲の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ちぎれ雲【ちぎれぐも】

層雲もしくは積雲からひきさかれ小片の形をして現れる雲。おもに下層雲の場合についていう。片積雲片乱雲など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちぎれ雲
ちぎれぐも

雲の国際分類表のなかの付随雲の一つ。積乱雲の底面近くに、または底面に接触して、紙をちぎったようなぎざぎざした輪郭の雲が発生する。高層雲、乱層雲、積雲の底面近くに発生することもある。雲底近くの気流が乱れており、それに伴う上昇気流の部分に雲が発生したものである。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のちぎれ雲の言及

【雲】より

…おもに積乱雲や積雲の上部にくっついたり,雲頂の少し上方に離れて現れることがある。 ちぎれ雲ぼろぼろの断片状の雲で,他の雲に付随して現れる。高層雲,乱層雲,積雲,積乱雲の下に離れて現れるが,ときにはくっついて現れることがある。…

※「ちぎれ雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちぎれ雲の関連キーワード高積雲層雲本曇巻積雲雲級下層雲中層雲若しくは引き裂かれかん(桿)菌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちぎれ雲の関連情報