コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱層雲 らんそううんnimbostratus

翻訳|nimbostratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱層雲
らんそううん
nimbostratus

層雲に属し,おもに氷晶水滴雪片からなり,暗灰色のほとんど一様な層状略号 Ns。低気圧の中心域に存在し,高層雲がしだいに厚く低くなってできる。上層および下層に広がっていることが多い。雨雲雪雲ともいわれ,連続した雨または雪を降らせることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らんそう‐うん【乱層雲】

十種雲形雲級)の一。暗灰色で厚く、空全体を覆う雲。雲底は乱れ、雨や雪を連続的に降らせることが多い。略号はNs。雨雲。雪雲。→雲級

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

乱層雲【らんそううん】

下層雲の一種。2kmまでの高度に生じるほとんど一様な暗灰色の雲層。雲底は乱れ,ときにちぎれて片乱雲が生じる。地雨(しとしとと降り続く雨)を伴うことが多い。十種雲形の一つで,国際式略記号はNs。
→関連項目層雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

らんそううん【乱層雲】

全天を厚くおおう灰色の暗い雲。雨や雪をもたらす。雨雲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乱層雲
らんそううん

中層雲の一種。ただし、上層、下層に及んでいることが多い。雨雲(あまぐも)、雪雲(ゆきぐも)ともいう。記号Ns。雲底は低く空一面を覆い、灰色でどんよりした感じを与える。雨や雪を降らせる。雲より下に落下して、途中で蒸発してしまう雨が黒く垂れ下がって見えることもある(尾流雲(びりゅううん))。雲底より下に、ちぎれた雲が風で流されており、これを片乱(へんらん)雲という。雲頂部は、ところどころ積乱雲のように盛り上がっている。この雲は前線や台風の通過に伴って発生する。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乱層雲の言及

【雲】より

…したがって対流圏中ではだいたい三つの層に分かれて雲ができる。もちろん濃い雲の場合(高層雲,乱層雲など)のときは異なった層の雲と連続することがある。対流雲ではその中で混合が激しく,各層を貫いて存在する。…

※「乱層雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乱層雲の関連キーワード層雲(気象)温暖前線だしかぜちぎれ雲漏斗雲尾流雲層状雲積乱雲リスト:暗い雲/piano solo曇り全天凍雨乱雲本曇

乱層雲の関連情報